面白いネーミングです

面白いネーミングです

将来のために貯蓄をしようと思って銀行に預ける時代とは随分違ってきました。

低金利になり預貯金をする人も減っているという現状です。

銀行に勤める友人も顧客獲得に毎日汗がでるよと愚痴が出る始末です。

バブルの時代は金融関係や不動産関係の人は羽振りが良く羨ましいなと思っていました。

バブルがはじけると途端に時代が変わりましたよね。

そんな中、最近不動産の投資をする人が増えているという話があります。

お金持ちではなく、サラリーマンの人も主婦も不動産投資をしていると言いますので驚きです。

バブルも不動産売買が引き金となり起こったので私には信じられない話でした。

みんなで大家さんという不動産の投資と言いますので、面白いネーミングです。

一つの物件を大勢で投資して運用していて、一口100万円から投資が可能になっています。

大勢で投資をするので、みんなで大家さんという訳かと一人で納得しましたが、疑い深い私はもう少し、調べてみようと思っています。

いつの時代にも儲け話はありますのもね。

不動産投資の再燃です

資金運用、給料だけでなく儲けたいと思う人は多いですよね。

最近は不動産投資にも明るい商品があるようです。

みんなで大家さんや一口大家さんなど新たな不動産投資商品として人気を集めています。

高度成長期やバブルの時代は不動産に投資をして儲けた、騙されたという話を良く耳にしたものです。

そのためでしょうか、投資する事自体に二の足を踏んだり、警戒心を強めたりする人も大勢います。

儲けたいけど騙されたくない、うまい話には裏があるなどと疑心暗鬼になります。

みんなで大家さんの情報サイト

不動産特定共同事業法は数回の改正を繰り返しているのですが、平成26年は金融商品の取り扱いに対して一部改正がなされ、さらに不動産投資に注目が集まっているようです。

発売されたみんなで大家さんという商品は、個人で投資はしますが不動産を多くの人で分けていますので投資する側には小さいお金でよく、運用する側は多くの人から大きなお金が集まるので運用資金が集まっているというお互いのメリットがあるようです。

興味がある人は一度相談に訪れると良いでしょうね。

この投稿へのコメントの RSS フィード。


現在、コメントフォームは閉鎖中です。